【福島県 大内宿】ねぎそばのインパクトが強い

<福島県 大内宿>
滞在時間:1時間
予習:なし
参考サイト:大内宿観光協会

よいところ。

無料で入れます。

食事をのぞけば1時間程度の滞在でざっくりと全体を見られます。

 

歴史ある茅葺き屋根の家々に情緒を感じます。

グルメとしては名物のねぎそば(長ネギでそばをすくって食べる)があり。

玉こんにゃく(100円)など の軽食も充実しています。

景色がよいポイントもあり。

 

通過されてしまって地域にお金がちゃんと落ちているか心配しましたが、福島の中でも有数の観光スポットのようで、お客さんも多いです。

 

茅葺き屋根の店の後ろにはだいたいふつうの家があって、丸見えです。

「観光的に茅葺き屋根を維持しています」が見えすぎ?

もう少しがんばれば雰囲気でるのでしょうが、お客さんがいっぱいきているのだからよいのかもしれません。

 

気になったのが、名物のねぎそばは味がおいしいのに、ねぎそばのイメージが強くて 味に集中できませんでした。

そばのおいしさももうちょい訴求しないともったいない気がします。

また、ねぎが食べきれず余ってしまうのがもったいない。

何かをつけて残ったねぎも余らずに食べらたらよいのにと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。