【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

尾瀬国立公園 福島県南会津町 田代山(たしろやま)→帝釈山(たいしゃくさん)へ登ってきました。

ざっくりいうと

  1. 6月中旬から見頃になる高山植物のお花畑がすごい(途中にもいっぱいお花)
  2. 日光連山などの景色がすごい
  3. 田代湿原から片道+60分くらいで行ける帝釈山のてっぺんは360°の眺望がすごい
  4. ゴールにトイレがあったり登山口にマップがあったり、南会津のやさしさを感じる

基本情報

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

登山データ(登山アプリ使用)

ルート:猿倉登山口 駐車場 →小田代湿原 → 田代山湿原 →帝釈山 山頂

歩行時間:往復 約6.5時間
歩行距離:11.4km
最低高度 1,348m/最高高度 2,053m

当日確認できた植物(名前がわかるもの)

ゴゼンタチバナ、オサバグサ、ラショウモンカズラ、ミツバオウレン、ネマガリダケ、タテヤマリンドウ、チングルマ、ヒメシャクナゲ、モウセンゴケ、ワタスゲ

※公式サイトによると400種類の高山植物が咲くそうです

お楽しみポイント

高山植物が豊富なお花畑

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

すばらしい、につきます。

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

オサバグサ。

帝釈山にむかう途中にいっぱい見られます。

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

ここまで密集した高山植物ラッシュははじめてで、感動しました。

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

雲海と日光連山

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

レアなのかどうかわかりませんが、この日はラッキーでした。

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

トイレやちょっとした休けいどころに感じるウェルカム感

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

登山口と、ゴールとなる田代山湿原にトイレがあるので、水をがまんせず飲めます。

登山道のいたるところに、丸太で作った休けいどころとか、道を歩きやすいようなおしたところが見られます。

木道のまわりの草はきれいに刈られていました。

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

また今回は在庫切れのようでしたが、数年前に行ったときには登山口に地図がおいてありました。

かわいいイラストが特徴的で、全体マップはもちろん、現地で見られる花の一覧が確認できます。

 

・・・というように、全体的にウェルカム感をひしひしと感じます。

おかげでさいごまで気持ちよく登山できて、南会津町や福島全体があらためて好きになりました。

唯一の注意点がアクセス

【尾瀬国立公園 田代山→帝釈山 登山と写真】福島が好きになる6月の花見登山

登山口までの林道10km程度が完全に舗装されていないので、丈夫な車でないと抵抗がある方もいると思います。

ガタガタ道が長いこと続くので、けっこう不安になります。

シーズンになるとシャトルバスもあるようですね。

もっと詳しく知る

山ガイド

分県登山ガイド 8 栃木県の山

なぜかKindle版が500円くらいで買えました。

詳しく知りたい方は本がオススメです。

その他

関連リンク

南会津町公式サイト