【小田代ヶ原】「貴婦人」で有名な奥日光屈指の人気ハイキング&撮影エリア

【小田代ヶ原】「貴婦人」で有名な奥日光屈指の人気ハイキング&撮影エリア

「奥日光の人気ハイキングエリアに行きたい」

「奥日光の人気撮影エリアに行きたい」

「有名な貴婦人を見たい」

そんな方にオススメなのが小田代ヶ原です。

 

ハイキングもよし、撮影もよし。

はじめての方は、戦場ヶ原とセットで楽しむのが王道です。

ここがオススメ

  1. 貴婦人を目指しながら、多彩な植物を楽しむハイキング
  2. 戦場ヶ原とセットで楽しむのが王道

基本情報

基本情報(グーグルマップ・営業時間・口コミなど)

人気のハイキングルート アクセス攻略法

小田代ヶ原ハイキングの拠点は「赤沼」というポイントです。

【小田代ヶ原】「貴婦人」で有名な奥日光屈指の人気ハイキング&撮影エリア

【小田代ヶ原】「貴婦人」で有名な奥日光屈指の人気ハイキング&撮影エリア

赤沼駐車場」やトイレがあります。

赤沼自然情報センター」では、パンフレットや現場の最新情報を確認できます。

また2つのバスの停留場があります。

  1. 市営バス:日光駅から湯元温泉へ
  2. 低公害バス:小田代ヶ原 方面へ行く(一般車両通行禁止ゾーンへ)

それぞれ別会社のバスだから間違わないように。

 

マイカーの場合は「赤沼駐車場」に駐車。

バスの場合は日光駅方面から出ている市営バスで「赤沼」下車。

赤沼についたら、そのあとは共通の3パターン。

  1. そのまま赤沼からハイキングスタート
  2. 市営バスで「赤沼」→「公徳入口」(片道3分)へ移動してからハイキングスタート
    参考 時刻表バスルートマップ
  3. 低公害バスで「赤沼車庫」→「小田代ヶ原」(片道12分)へ
    参考 時刻表バスルートマップ 
    ※期間限定で「赤沼車庫」4時から出発の早朝便アリ(カメラマンがよく利用)

【小田代ヶ原】「貴婦人」で有名な奥日光屈指の人気ハイキング&撮影エリア

ハイキング所要時間

<120分〜> 
※赤沼→戦場ヶ原→小田代ヶ原→赤沼という一般的ルートの場合。
じっくり観察&写真をいっぱい撮る人は、最低でも+1時間はかかると思います。

ライブカメラ 三本松茶屋「今日の戦場ヶ原」

お楽しみポイント

奥日光のシンボル 1本のシラカバ「貴婦人」

【小田代ヶ原】「貴婦人」で有名な奥日光屈指の人気ハイキング&撮影エリア

写真家にとって人気No1スポットで、奥日光の顔。

みなさんこれが見たいのです。

いたるところで紹介されているので、行ってなくても知っている人は多いはず。

 

で、貴婦人を目指すと、貴婦人だけでなく、色々な植物たちに出会えて楽しいわけです。

それにしても貴婦人って名前をつけた人は天才ですね。

小田代ヶ原ギャラリー

花は6月〜9月頃までがもっとも楽しめます。
写真は今後も追加していきます。

アヤメ、イブキトラノオ 7月中旬
ノアザミ 7月下旬〜8月上旬
草紅葉 9月下旬〜10月上旬
カラマツの黄葉(金屏風) 10月下旬

7月

ノアザミ

ノアザミ

ホザキシモツケ

ホザキシモツケ

【小田代ヶ原】「貴婦人」で有名な奥日光屈指の人気ハイキング&撮影エリア

9月

【小田代ヶ原】「貴婦人」で有名な奥日光屈指の人気ハイキング&撮影エリア 【小田代ヶ原】「貴婦人」で有名な奥日光屈指の人気ハイキング&撮影エリア

【小田代ヶ原】「貴婦人」で有名な奥日光屈指の人気ハイキング&撮影エリア

小田代グラデーション。

貴婦人のラインから下に向かって広がる「緑・茶・紅・紫・黒」などの彩りが混じり合っています

土地の高さによって、植物の種類が異なるために生まれます。

9月下旬〜11月頃までさまざまな色で訪れる人を楽しませてくれます。

もう少し詳しい情報

名前の由来

おとなりの戦場ヶ原に比べて”小”さい”田代”(山にある湿地の意味も)なので、小田代ヶ原という説があります。

国立公園の特別保護地区

ようするに、国がもっともしっかり保護すべきと指定された公園です。

標高が1,400m超えの日本有数の高層湿原

小田代ヶ原は世界的に重要な湿原として認められています。

専門的には「奥日光の湿原」として「ラムサール条約」に登録されています(2015年11月)。

奥日光の湿原とは「小田代ヶ原」のほか「湯ノ湖」「湯川」「戦場ヶ原」の4つが対象です。

【小田代ヶ原】「貴婦人」で有名な奥日光屈指の人気ハイキング&撮影エリア

参照 環境省Webサイト

小田代ヶ原は、

湿原から草原へと遷移過程にあり、湿原と草原の双方の特色を持っている。

とのこと。

 

ちなみにラムサール条約の正式名称は・・・

「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」

専門でない限りちょっと?な感じかもですが、ようするに世界的に重要な湿原と認められています。

標高が1,400m超えの日本有数の高層湿原です。

気温

月平均気温(東京・札幌・奥日光)

超ざっくりいうと東京より10度前後くらい寒く、札幌より1,2度くらい寒い感じ。

【小田代ヶ原】「貴婦人」で有名な奥日光屈指の人気ハイキング&撮影エリア

2018年アメダスより作成

 

さらに奥日光の詳細(平均気温・最低気温・最高気温)です。

気象庁 2018年のデータ。

  日平均気温 日最低気温 日最高気温
1月 -4.5 -8.4 -0.8
2月 -4.8 -9 -1
3月 2.2 -3 7.8
4月 7.5 2.1 13.3
5月 11.5 6 16.7
6月 14.8 10.6 19.1
7月 20.1 16.2 24.1
8月 19.9 16.1 24.3
9月 15.2 11.9 18.8
10月 10.2 6.7 14.1
11月 5.3 1.3 9.6
12月 -0.2 -4.3 3.6

参考 気象庁|奥日光の過去の気象データ検索

 

ハイキングガイド

貸切ガイドが人気の自然計画さん

参考 【自然計画 ネイチャーツアー】奥日光の偉大さを深く学べる体験

参考にした本

撮影ガイド本

奥日光撮影地ガイド―風景写真の聖地

「奥日光は風景のすべてが揃う」と書いてあって、ほんとかよ?と思ってみたら納得してしまいました。

 

ハイキングガイド本

奥日光 花と絶景ウォーキング

2017年発刊と比較的新しくて、写真や観光情報含む情報が豊富です。

 

奥日光自然観察ガイド

民間の奥日光ガイドとして草分け的な存在である自然計画著。

2005年発刊と歴史がありますが、今見ても学べるネタが豊富です。