【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

日光市にある足尾銅山観光に行ってきました。

足尾という地域はもう銅を作っているわけでないのに、銅山や鉱毒の印象がいまも残ります。

あらためて足尾にとって、銅山とはどういう関係なのか。

足尾を知るのに、まず抑えておきたい拠点が、足尾銅山観光です。

施設をざっくりいうと・・・

  1. かつて日本一銅がとれた足尾銅山の超入門的施設
  2. 歴史や銅をつくる仕組みがざっくりわかるようになっている
  3. 施設名のとおり銅山観光の拠点として、もっと足尾や銅山を知りたくなったらほかにいくのが効率よし

基本情報

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

基本情報(グーグルマップ・営業時間・口コミなど)

公式サイト(日光市役所サイト)

所要時間 <90分〜>

お楽しみポイント

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

施設のざっくり流れ

  1. いきなりアトラクション。トロッコに乗って、銅山内へGO
    【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと
  2. 冷え冷えの銅山内を歩く。リアル人形を見てイメージ
    【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと
  3. 資料館的な部屋とかで学ぶ系
    【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと
  4. 昭和レトロ感がたまらないおみやげコーナー
    【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

人形の作り混みに超こだわり。時代ととも環境の進化

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

メインの銅山内では、明治、大将、昭和と時代とともに、環境や技術の進歩がわかります。

それにしても人形がリアル!

銅の作り方とか予備知識があると、もっと理解できるかも

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

選鉱場(せんこうじょ)とか、精錬所(せいれんじょ)とか、索道(さくどう)とか、専門用語がけっこう多いし、昔のことばも多いです。

ほかの鉱山などで学び知っている人はスムーズに見学できますが、一応ざっくりおさらいしておきましょう。

足尾銅山で銅をつくるざっくり流れ

  1. 山を掘って、銅が含まれているぽい岩の塊をジャンジャン取り出す
  2. それらを選鉱場に運び、銅などの鉱石(価値の高い石)をピックアップ(鉱石を選ぶ場所)
  3. それを精錬所に運び、熱で溶かして、余分な部分を除いて銅だけを取り出す(精は細かい、錬は固めるの意味があるみたい)
  4. いろいろ運ぶのは索道(索は綱の意味)という現代版モノレールで運んだ

ラストのほうにあるアリの巣っぽい地図の異常なわかりやすさ

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

これ最初にみたほうがよいのでは?

と思うくらい全体をイメージできる銅山断面図がありました。

写真だとよくわからないと思うので、現地でチェックしてみてください。

お土産コーナーの昭和感

いけなかったけど、この雰囲気もたまらない。

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

地元のお母さんたちとお話し、買わずにはいられなかった。

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

ここもそそります。

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

かわいい?狛犬

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

いったいこの狛犬はまじめに狛犬しているのでしょうか?

なかなか忘れられないユニークな表情をしています。

もっと詳しく知りたくなったら

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

国の政策によって銅山ができ、人やお金が集まり町が栄え、いくつもの夢と苦労が積み重なってきた足尾。

国・会社・鉱夫・住民・周辺地域・環境問題など、いろいろな切り口から眺めてこそ実態に近づけるのでしょう。

日光市となった足尾がどこへ向かうのか、その手がかりの1つが 足尾に緑を育てる会だと思います。

過去の反省を未来の希望へつなげる活動を続けています(あとで別に記事にします)。

【足尾銅山観光 レポ】日本一の銅山を学び思うこと

オススメはツアーです。

足尾は修学旅行先としてよく選ばれるように、学びの場です。

効率よく楽しく学ぶのに、ツアーはかかせません。

知り合いにツアーを実施してもらったところ、さらに足尾が知りたくなりました。

現在インターネットで確認できるのが、国民宿舎かじか荘さんで受け付けている観光ツアーです。

関連記事&本

足尾銅山といえば忘れてはいけないのが、鉱毒問題と戦った田中正造さん。

この人の評価も、現地とは違うので聞いてみるとよいかもしれません。

【旧谷中村】足尾鉱毒問題の被害を受けた村は今、すぐれた自然環境の象徴「渡良瀬遊水池」です

わかりやすさならドラマがオススメです。

【NHKドラマ2014 足尾から来た女】足尾銅山の鉱毒事件や田中正造をざっくり学ぶ

小説なら、電子図書で読めるの城山三郎の 辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件 (角川文庫)