【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

世界的に名高い高級ホテル、 ザ・リッツ・カールトンホテルが2020年7月 日光にオープン。

日本では東京・京都・大阪・沖縄に続き5番目で、温泉付きとしては初。

この手の高級宿にほぼ縁がないわたしですが、観光の仕事に関わるものとして、避けては通れません。

いろいろやりくりして、宿泊しました。

 

 

高級系のシステムにいろいろ慣れていないために勝手がわからず戸惑うことも多かったですが、すべての体験が勉強になりました。

 

わたしはふつうの観光ではリッツカールトンには泊まれない人ですが、どこを切り取っても絵になるすげーホテルということは強調したいので、写真メインで紹介します。

施設をざっくりいうと・・・

  1. 世界規模のホテルチェーン。サービスや施設の質が最強で、受賞歴はんぱない
  2. 2020年7年 日光のリゾート奥日光にオープン。リッツカーツトン初の温泉にも注目

基本情報

基本情報(グーグルマップ・営業時間・口コミなど)

ザ・リッツ・カールトン 日光

お楽しみ

  1. どこを切り取っても絵になるホテル
  2. リッツカールトンを学ぶ

どこを切り取っても絵になるホテル

内観、部屋

まずなんていっても・・・

目が喜んでいます。

 

どちらかといえば美術館に近いイメージでしょうか。

施設を見ることそのものが体験になるレベルです。

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル 【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

 

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

 

食事

ウェルカムドリンクからスタート。

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

 

チェックインから夕食まで少し時間があったので、この建物で軽食をとることに。

ここは宿泊しなくても誰でも利用できます。

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

このティラミスがビーガン対応なのですが、まったく食べたことのない逸品。

食ではもっとも感動したかもと思えるくらいおいしかったので、また必ず買います。

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

コーヒーも買って部屋で飲みました。

 

 

 

さて夕食。

和食の場合はここ。

 

途中スタッフが気づいてくれて、場所を案内してくれました。

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

日光やその周辺で生まれた食材や、食器がちょいちょい登場するのがうれしいです。

日光に詳しい人は、ニヤリとするはず。

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

日光彫です。

アド街ック天国「栃木 日光」特集でこの秘密が詳しく紹介され、よかったです。

地元 平野工芸さんの3代目が作りました。

女性初の日光彫職人だそうです。

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

 

翌朝の朝食も、場所は同じでした。

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

朝から豪華すぎる。

 

ちなみにお値段、1人税込7,500円くらい。

夕食が高いのは予想できましたが、朝食の豪華さには驚きました。

朝から黒毛和牛ローストビーフかよ・・・・

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

【ザ・リッツ・カールトン日光 宿泊と写真レポ】あぁ目が喜んでいる。どこを切り取っても絵になる体験。日光観光の新シンボル

 

 

ちょっと感想も書いておきます。

口コミにも見られるように、接客は一部まだ慣れていない点も感じました。

 

リッツカールトンのホスピタリティは「声になっていない客の要望に気づく」。

それをスタッフ全員に徹底させるのは一流ホテルでも簡単ではないはずですが、まだオープン1ヶ月ですし、これからますますレベルアップしていくでしょう。

日光の新しいシンボルとして期待します。

リッツカールトンを学ぶ

わたしがこのホテルを知った最初のきっかけはビジネス書でした。

さくっと読むならマンガもよいです。もよいです。

リッツ・カールトンで学んだ マンガでわかる超一流のおもてなし

 

リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間