栃木県のシンボル男体山(なんたいさん)がいろいろな場所で見られるのでまとめる

栃木県のシンボル男体山(なんたいさん)がいろいろな場所で見られるのでまとめる

男体山のことを意識してから気づいたこと。

いろいろなところで男体山を見つけるのが楽しい。

かっこいいなと思ったポイントを見つけられたらちょっとずつ更新していきます。

日光市から見る男体山

栃木県のシンボル男体山(なんたいさん)がいろいろな場所で見られるのでまとめる

板橋城址(いたばしじょうし)より

栃木県のシンボル男体山(なんたいさん)がいろいろな場所で見られるのでまとめる

大谷川と男体山。

栃木県内(日光市外)から見る男体山

栃木県のシンボル男体山(なんたいさん)がいろいろな場所で見られるのでまとめる

栃木県のシンボル男体山(なんたいさん)がいろいろな場所で見られるのでまとめる

栃木市真岡町から見る男体山

【真岡市 仏生寺(ぶっしょうじ)】日光山信仰の生みの親を生んだ地

おとなりグンマー王国から見る男体山

栃木県のシンボル男体山(なんたいさん)がいろいろな場所で見られるのでまとめる

群馬県館林市 たたら沼から見る男体山。

栃木県のシンボル男体山(なんたいさん)がいろいろな場所で見られるのでまとめる

館林市のほうは、グンマ—の主峰赤城山よりも、男体山がよく見えたりする。

男体山は神話でグンマ—と戦いましたが、実はグンマーをいつも見守っているのです。

ケンカもよくするけど、いつも蔭で見守ってくれるお母さんということになります(違う)。