【二荒山神社 本社】金ピカオオクニヌシのインパクト

日光の二荒山神社っていろいろあるみたいだけど、 いったいメインはどこなんだ?

・・・という方へ、ココです。

 

世界遺産だし、もちろん価値があるところには間違いないのですが、おとなりの日光東照宮が別次元にすごすぎて、目立たないところも

日光東照宮のキラキラ感に比べると地味なのですが、由緒ある神社です。

基本情報

基本情報(グーグルマップ・営業時間・口コミなど)

公式サイト 日光二荒山神社

所要時間 <30分〜>

いろいろある二荒山神社の違いを知りたいならこの記事

参考 【日光 二荒山神社】本社・奥宮・中宮祠・本宮 4つの違い

オススメポイント

  1. 4つある二荒山神社のメインなので、はじめていくならココ
  2. オオクニヌシさんだけに、縁結びスポットとして人気

 

まずいきなり迎えてくれるのが・・・

 

オオクニヌシ「オッス!」

 

でた!この金ピカがオオクニヌシ!

 

いきなり衝撃。

 

 

ちょっと心を落ち着かせます。

 

オオクニヌシさん=大黒さまですね。

 

ご利益はたくさんあるのですが、縁結びスポットとして紹介されることが多いです。

 

オオクニヌシ「ウェルカム トゥー ジャパーン」

 

 

独特な雰囲気を漂わせています

 

 

ひとつ注意。

 

日光東照宮とか、輪王寺三仏堂 を見てから寄る人。

 

もう2時間以上歩いていますよね?

歩きすぎるとバテるから、暑い夏とかはこまめに休んだり、水分補給をしっかりしましょう。

日光山信仰の原点、男体山がご神体です。

二荒山とは男体山の昔の呼び方なので、今風にいうと男体山神社ってことですね。

2021年1月に放送されたアド街ック天国でやっていましたが、神輿舎(しんよしゃ)もいいですね。

今は名前のとおり御輿(みこし)を保管するところですが、もともとは日光東照宮が今みたいに豪華になるまえに、仮の拝殿(お祈りするところ)として使われていたものです。

つまり、当時の東照宮の形が確認できる貴重なポイントです。