【日光山輪王寺三仏堂】日光の仏さま ビッグ3

【日光山輪王寺三仏堂】日光の仏さま ビッグ3

「日光東照宮を見て、もう1つありがたい場所へ行きたい」
「日光の世界遺産は『2社1寺』っていうから寺も行きたい」

そんな方にオススメなのが「日光山輪王寺三仏堂(にっこうざんりんのうじさんぶつどう」です。

日光山の神さまたちのもとになる、仏さま3体にお会いできます。

ここがオススメ

  1. 日光東照宮見学の+αに。3体の大仏だけなら30分もあれば見られます

基本情報

基本情報(グーグルマップ・営業時間・口コミなど)

公式サイト

所用時間 <30分〜>

【日光山輪王寺三仏堂】日光の仏さま ビッグ3

輪王寺は、日光東照宮から徒歩5分の距離。

輪王寺大猷院は、日光東照宮から徒歩5分の距離。

お楽しみポイント

日光の仏さま ビッグ3がいます

輪王寺といえばまず3体の大仏を見るべし!となる方は多いでしょう。

現地では撮影NGなので、輪王寺公式サイトの写真お借りします。

【日光山輪王寺三仏堂】日光の仏さま ビッグ3

公式サイトより

高さ7.5メートルの大仏が3体もいてすごい迫力です。

このメインの宝は日光三所権現本地仏(にっこうさんしょごんげんほんじぶつ)。

名前が長くて漢字ばっかりなので、はじめて聞く人は「?」となるかもしれません。

言葉を分けて考えると

「日光三所」は、日光山のビッグ3

  • 男体山
  • 女峰山
  • 太郎山

のことで、それぞれ神さまがいます。

【日光山輪王寺三仏堂】日光の仏さま ビッグ3

「権現」とは「仮に現れた」という意味です。

神さまそのものを指しますが、もとは仏さま。

仏さまが変身した神さまです。

「本地仏」とは仏さま本来の姿のこと。

仮に現れた「権現」に対して、本来の仏という意味ですね。

組み合わせると

日光の3つの山にいる神さまの、おおもとの仏さまたち

なんだかすごいです。

具体的には、右から

  • 千手観音(せんじゅかんのん)
  • 阿弥陀如来(あみだにょらい)
  • 馬頭観音(ばとうかんのん)

です。

で、3つの山に対応しているのです。

  • 千手観音→男体山の神さま(権現)
  • 阿弥陀如来→女峰山の神さま(権現)
  • 馬頭観音→太郎山の神さま(権現)

仏さまを簡単に補足

千手観音は名前のとおり、手がいっぱいあります。

千は無限という意味。

つまり「救いの手がめっちゃある」ありがたい仏さまです。

阿弥陀如来は「南無阿弥陀仏(ナムアミダブツ)」の仏さまです。

南無阿弥陀仏は「アミダさまを信じます!」の意味。

あの世へ行ったときの幸せを願うものです。

馬頭観音は名前のとおり、「馬の頭」が頭にのっています。

「交通安全」のご利益があります。

日光東照宮をじっくり見てから行くと、けっこう疲れていると思います。

とくに夏は暑く、日光東照宮はめっちゃ混んでいるので、体力の消耗が早いです。

こまめに休けいしながら見学しましょう。

秋にはライトアップイベントも

【日光山輪王寺三仏堂】日光の仏さま ビッグ3

【日光山輪王寺三仏堂】日光の仏さま ビッグ3

【日光ライトアップ(秋のイベント)】 世界遺産 日光東照宮&輪王寺などの紅葉&ライトアップ鑑賞

輪王寺へのアクセス攻略法(駐車場)

【日光山輪王寺三仏堂】日光の仏さま ビッグ3

空いているときは、地図のとおり最寄り駐車場でよいですが・・・

日光山輪王寺第1駐車場

第2駐車場

世界遺産だけに、混んでいるときのほうが多いです。

ハイシーズンなら、攻略法の基本は日光東照宮と一緒。

すこし離れたところに車を停めて、歩いていきましょう。

参考 【日光東照宮 ハイシーズン渋滞対策 マイカー編】ちょっと遠めに駐車して歩くのがオススメ

周辺の関連施設

日光山輪王寺宝物殿・逍遥園(しょうようえん)

【日光山輪王寺三仏堂】日光の仏さま ビッグ3

宝物館も、日本庭園の逍遥園も入り口は同じ。

共通のチケットを買って見学できます。

逍遥園は秋にライトアップのイベントもあり、ステキです。

基本情報(グーグルマップ・営業時間・口コミなど)

夏に行ったとき、クーラーも効いていて休けいできました。

日光山輪王寺大猷院(たいゆういん)

【日光山輪王寺三仏堂】日光の仏さま ビッグ3

徳川家康さんを尊敬してやまなかった3大将軍 家光さんのお墓があります。

【日光山輪王寺大猷院】3代将軍 徳川家光の偉業を思う。 豪華な文化財も多数