【東武鉄道wifi】電車内で無料インターネット接続するときの注意

【東武鉄道wifi】電車内で無料インターネット接続するときの注意

東京と日光間をつなぐ特急列車は、東武鉄道の「スペーシア」「リバティ」の2つでして、ともに無料インターネット接続サービスが使えます。

使うときの注意点を実体験をもとにお伝えします。

スペーシアとリバティはこんな感じ。

どちらも月1回はお世話になっています。

【東武鉄道wifi】電車内で無料インターネット接続するときの注意

東武鉄道公式サイト参照 車両のご紹介

 

まず東武鉄道wifiの使い方

電車の中で使う手順 3ステップ

  1. スマートフォンのwifi設定を開き、「TOBU FREE Wi-Fi」を選択
    ※スマートフォンの設定によっては自動的につながる場合もあります
  2. なんでもいいのでWebサイトを見ると、東武鉄道のWebサイトにつながる。スマートフォンですぐ確認できるメールアドレスを入力
    すぐメールが確認できないメールアドレスを入れても意味なし
  3. (一時的にインターネットがつながり)メールが届く。メールに表示されたURL(青い文字の部分)をクリックして完了
    【東武鉄道wifi】電車内で無料インターネット接続するときの注意

    東武wifi メールアドレス登録後に届くメール例

東武鉄道wifi で抑えておきたいこと

自動的につながる場合もあるので、使わなければOFF

スマートフォンによっては自動でつながります。

設定をしなければインターネットは使えない状態なので、「あれ?急にインターネットが使えない」のをなんども経験しました。

電車に乗るのは月に数回レベルなので、毎回忘れてしまうのです。

 

東武wifiを使うのであれば設定し、使わないのであればOFFにしましょう。

ONに戻すのも忘れずに(ふだんはONにしている人)。

光回線のような快適さはない

2015年12月から導入されたこのサービス。

まず無料で使えるだけでうれしいです。

ちょっとした調べ物などで、ありがたく使わせてもらうのが基本です

 

逆にいうと、仕事などでがっつり使うのは現状では難しいです。

もちろん人によりますが・・・たとえば会社や家でいつも使うような速度もでないですし、状況によってはそもそもつながらないこともあります。

わたしも月1回以上電車を利用し、ノートパソコンで仕事することもありますが、そのときはwifiサービスは使いません。

あ、そもそも、フリーwifiを使っていません。

電車に限らずビジネスホテルとかでも使っていません。

無料なので質を期待してはいけません。

仕事モードだとストレスになることが多いです。

 

わたしはノートパソコンでインターネットを使うときは、テザリングでやっています。
スマートフォンを使って、インターネット接続するアレですね。

仕事もラクラク快適です。
ポケットwifiでもいいと思います。

通信量を気にしなくていい契約をしているので、毎回フリーwifiをテストする手間から解放されました。

関連 【東武鉄道 特急リバティ】快適に乗るための注意点