【東武鉄道 特急リバティ】快適に乗るための注意点

2017年にデビューした東武鉄道さんの特急リバティ。

東京と日光などを結ぶ未来的な電車です。

現時点で1日6〜7ぐらいで、そんなに本数は多くないので、乗れたときはテンションがあがります。

新しくて快適ですが、なんどか乗っているうちに気づいた注意点を書いておきます。

 

あ、リバティ狙いな人は、時刻表で調べましょうね。

時刻表 | 特急列車 | 東武鉄道

【東武鉄道 特急リバティ】快適に乗るための注意点

東武鉄道公式サイト参照 特急リバティについて

リバティ注意点

特急券で指定された席でも、誰かが座っている可能性も

特急リバティの特別ルール。

特急リバティの特急料金 のページに書いてあるのは・・・

「下今市駅」という駅より北の区間、「下今市〜東武日光」間、「下今市〜会津田島」間は特急券なしでも乗れます。

下今市以北停車駅相互間(下今市〜東武日光間、下今市〜会津田島間)のみ乗車の場合に限り、乗車券のみでご利用いただけます。
ただし、乗車券のみでご乗車の場合、座席の指定は行いません。座席の指定を行う場合は特急券が必要です。

これは通学や通勤の利用についても考えられたルールで、利用者にとってはありがたいでしょう。

 

このため注意が必要なのは、実際に特急券を買って利用する場合、指定の席に座ろうとすると、誰かが座っている場合があります

 

コレ、なんどやっても戸惑います。

 

 

ある日のリバティ。

 

駅のホームで電車を待っていると、やってくるのはリバティ。

「おぉ今日はリバティか、ラッキー」と、テンション高めに席にを探していると・・・

じぶんの席っぽいところに人が座っています。

座っている方も、ふつーに乗っています。

 

アレ、わたしが間違っているのかな?

特急券に表示された座席番号が間違っていないか、2度見、3度見します。

 

うん、間違っていないよね。

絶対間違いないだろうとわかったところで、勇気を出して声をかけます。

「すみません、その席・・・」

 

 

あ、悪い人ではなさそうでよかった。

座っていた方も「すみませんでした」と、申し訳なさそうな感じ。

わたしも移動してもらうのが申し訳ない感じ。

 

 

気持ちよく譲ってくれたからいいけれど、こわい人だったらイヤだな、なんてことも考えます。

 

スタッフが近くにいればいいけど、いつもいるわけではないです。

 

毎回「特急券なしで乗れる区間」に乗るときは、ちょっと緊張します。

 

 

特急券ナシの人も特急券アリの人も、お互いに気をつかわなくていい仕組みがあればよいのですが・・・

 

地元の人以外だと、リバティルールを知って乗っている人は、ほぼいないはず。

スタッフが見回りして、戸惑っている人のフォローをするだけでも違うはず。

アナウンスだと聞き逃しちゃう人もいるので。

 

 

関連 【東武鉄道wifi】電車内で無料インターネット接続するときの注意