【日光東照宮 音声ガイド】少々がさばるけど、1台500円で手軽に理解を深められるアイテム

「せっかく日光東照宮に行くのだから、しっかり勉強したい。でも文字ばっかりの資料を読んでもつまらないし、専門ガイドさんにお願いするほどじゃないし・・・」

そんな方にオススメなのが音声ガイドです。

美術館とかでもよく見かけるアレですね。

基本情報

公式サイト 境内音声ガイド開始のお知らせ | 日光東照宮 最新情報

2013年に導入されたようです。

お楽しみポイント

1つ500円で借りられるお手軽ガイド

美術館と同じように、目で見るだけでなく、耳で聞くようにすると理解が深くなります。

余裕があればガイドさんにお願いする選択肢もありますが、お金がかかるのはもちろん事前予約が必要です。

 

手軽さでいえば、音声ガイドが圧倒的に適しています。

音声ガイドさえ聞いていれば、標識などの文字を読まなくても、日光東照宮の全体像をざっくり理解できるでしょう。

 

チケットを提出して、入り口を通ってすぐのところで音声ガイドのスタッフがいます。

1台をグループでの共有するは難しいので、1人1台借りましょう。

 

わたしは日光東照宮宝物館の東照宮シアターとあわせて利用して、理解がいっそう深まりましたよ。

 

<注意>写真をいっぱい撮る人は、忙しくなるかも

新しい建造物ポイントに行ったら、音声ガイドのリモコンを出して、専用マップで対応するポイントを探してチェックして、音声を流して、音声がおわったら写真をとって・・・けっこう時間がかかります。

持ち物も、

  • 音声ガイドのリモコン
  • 音声ガイド対応マップ
  • カメラ
  • バッグ

・・・けっこうがさばりますね。

不可能ではないですが、主なポイントだけを見学するよりは時間もかかります。

日光東照宮の所要時間はポイントだけ見た場合でだいたい120分くらいとガイド本などに載っていて、個人的にも納得です。

ただ音声ガイドをしっかり聞いていって、写真もいっぱいと撮る場合、+60分は必要になるんじゃないかなー。

余裕をもったスケジュールにしたいところです。

こうなったらもっとうれしい

対応マップを見やすく

けっこう前に作られたのでしかたないと思いますが、次回のリニューアル時での改善を期待します。

 

マップには

  • 建造物
  • 写真

が両方があり、どちらをチェックしても音声が聞けるようになっています。

一見便利なように感じますが、マップがごちゃごちゃしすぎて現在地がどこなのか、すぐにわからなくなっています。

余白がだいじなのです。

 

写真は消してしまって、建造物名だけのほうがすっきりして使いやすくなるはずです。

そうすれば現在地の確認もできてパンフレット代わりにもなり、一石二鳥。

どうでしょうか。